ダイエットに一番必要なことは「継続する」ということです。どんなにすばらしいダイエット方法でもやらなければ意味がありません。自分に合ったダイエット方法を試せていますか?ダイエット中のあなたはどうですか?

  • ホーム
  • 内臓脂肪型肥満には腹式呼吸ダイエットが効果的

内臓脂肪型肥満には腹式呼吸ダイエットが効果的

脂肪がお腹周りについて肥満体型になってしまう場合に、脂肪のつき方によって二つのタイプに分けることができます。
一つは皮膚と筋肉の間にある脂肪の層が厚くなってしまう皮下脂肪型肥満と内臓の周りに脂肪がくっついて内臓脂肪を蓄えてしまう内臓脂肪型肥満です。

一般的には皮下脂肪がつきやすいのが女性で、内臓脂肪がつきやすいのが男性だといわれています。
内臓脂肪型肥満になるといわゆる中年太りであるお腹周りにどっしりと脂肪がついてしまいウエストが太くなってしまうイメージを持つとわかりやすいでしょう。
内臓脂肪は皮下脂肪と比べて病気になるリスクが高いことも特徴です。
内臓脂肪が増えてしまうと中性脂肪も増えてしまい、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの原因になってしまうので注意しなければなりません。
また見た目的には太っていないのに、内臓脂肪だけが多い隠れ肥満も内臓脂肪型肥満に多い傾向があります。

内臓脂肪を落とすためのダイエット方法としては、有酸素運動など定期的な運動が有効ですが、なかなか続けられなかったり時間がないという人には腹式呼吸ダイエットが効果が高くおススメです。
腹式呼吸ダイエットは、普段は胸でしている呼吸をお腹でするようにするだけです。
ですから時間がなくてもできますし、運動が苦手だという方でも簡単に行なうことができるというメリットがあります。
鼻からしっかりと息を吸い込んでお腹を膨らませて、その膨らんだお腹がペチャンコになってさらに凹むようにお腹の中の空気を限界まで吐き出します。
これを何度も繰り返すだけです。
腹式呼吸ダイエットは、お腹周りに特に聞いてきますし、深呼吸をすることでストレスを軽減してリラックスできる効果も期待できます。

人気記事一覧
サイト内検索