ダイエットに一番必要なことは「継続する」ということです。どんなにすばらしいダイエット方法でもやらなければ意味がありません。自分に合ったダイエット方法を試せていますか?ダイエット中のあなたはどうですか?

  • ホーム
  • やり過ぎた食事制限でダイエット失敗!

やり過ぎた食事制限でダイエット失敗!

りんごを噛んでいる女性

基礎代謝を利用することで適切に食事制限を行えばダイエットを成功させることができます。
しかしやりすぎた食事制限は逆効果です。

食事制限が厳しくて食べられる食品が限定されると、体が健康を維持するために必要な栄養素を吸収することができません。
体は防衛機能として食事量の減少率に合わせて、エネルギー消費を極力抑えて脂肪を溜め込みます。
太っていても飢餓状態だと勘違いしてしまうためです。
最初はどんな方法でも食事を制限すれば痩せることができます。
しかし栄養がたくさん不足している状態が続けば、脂肪を溜めやすい体質になるので、痩せることはできません。
また人間は食事でもエネルギーを使っています。
食べ物を噛んだり消化したり排出したりするのにたくさんエネルギーを使うので、食事量が多いほどこれらの活動で消費するエネルギーは増えます。
やり過ぎた食事制限では胃腸がしっかり働かなくなり、エネルギーを消費することも体に溜まった脂肪を燃焼することもできなくなります。

さらに食事制限の内容によってはタンパク質の摂取量が不足するので、筋肉量が低下します。
筋肉が多ければ日常的な動作であってもエネルギーをたくさん消費します。
筋肉は全身に血液を送るポンプでもあるため、筋肉が鍛えられていると血行が良く、基礎代謝も活発です。
筋肉はタンパク質でできているので、毎日の食事で摂取しなければ修復や増強ができません。
このように食事制限で長期的に痩せることは不可能ですが、体重が減らなくなったことを理由にストレスが溜まって精神的にも不健康になる恐れがあります。
食べていないのにダイエットに成功しないと嘆いている人は、体に必要な栄養素まで制限している可能性があります。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索